シニアのためのお役立ちアイテム

シニアの方の多い悩み解決ブログです。看護師の妻と、いつまでも若々しく楽しく生活ができるような情報を発信していきます。

シニアに多いひざの悩み解決アイテム~サポーター編~

この記事をシェアする

f:id:yskg33:20190810170037j:plain

シニアに多いひざ痛


 シニアに多いひざ痛ですが、年齢のせいだとあきらめていませんか!このひざ痛は、いろんな体調不良の原因になると多くの専門医がいわれています。自分のひざ痛の状態を知り、ひざ痛の改善を行なうことが大事です。ひざ痛緩和の定番アイテムの一つとしてサポーターがあります。ひざ痛の症状のある方、O脚変形の強い方や、ひざの曲げ伸ばしに不自由な方にサポーター着用はおすすめです。

 

サポーターにも種類があって、それぞれのひざ痛の緩和に見合う物や利用者が使いやすい物を選ぶのがベストです。市販されているサポーターには、大きく分けて次の二つのタイプがあります。

 

 

ひざ痛の軽減アイテム定番サポーター

1)ひざ用サポーターベルトタイプ(支持性サポーター)

f:id:yskg33:20190811211954j:plain

ベルトタイプ

ベルトタイプは、着けるとひざがしっかり固定され保護されます。使い方は、ひざにクルッと巻き付けるサポーターになっていて、サポーターの一つには裏側に付いた特殊ベルトがしなやかに伸び縮みして、このベルトが筋肉の動きを強力にサポートして、ひざの曲げ伸ばしを支え、歩行を楽にしてくれるすぐれものです。

 

歩いているときやスポーツをしている時に痛みを感じる人におすすめです。締めつけ具合が自由に調整できるのが特徴です。ピタッとひざにフィットするので、一日中ずれにくく、関節のグラつきもシッカリ抑えます

 

2)ひざ用サポーター包み型タイプ(保温性サポーター)

f:id:yskg33:20190811211504j:plain

包み型

包み型タイプは、ひざを温めて痛みを軽減させることを目的としたサポーターで、冷えて痛い人や天気が悪くなると痛みが出る人、ジワジワとした慢性的な痛みをかかえている人におすすめです。

 

包み型タイプは、サッと付けることができるので手軽さが一番の特長です。足から通して上にあげて装着するので、誰でも使いやすいタイプです。また、薄型タイプの商品もあり、洋服の下に装着しても目立ちにくく利用しやすいです。

この包み型タイプは、ストレッチ性のあるものが多くスポーツ等曲げる運動に最適です。ひざ痛の予防と改善に効果的な、セルフケアを行うときにもってこいのサポーターです。 比較的お値段がリーズナブルな商品も多いので、初めて膝サポーターを使用される方にも適しているでしょう。

f:id:yskg33:20190810170359j:plain

ひざ用サポーター

ひざ痛の緩和サポーター愛用者の声として、着け心地がいい、歩くのがとっても楽になった等好評です。セルフケアの取り組みの手助けにもなりますので利用して取り組むことで、更にひざ痛の改善に効果的です。

 

寒い季節はひざの痛みが気になって、外出が億劫になるという方も多いです。しかし、外出せずにあまり歩かない生活を送っていると、運動量が減って筋肉はますます衰え、ひざへの負担がますばかりです。そんな方にこそ、ひざ痛軽減アイテムサポーターを利用して、少しでも外出するように挑戦しましょう。