シニアのためのお役立ちアイテム

シニアの方の多い悩み解決ブログです。看護師の妻と、いつまでも若々しく楽しく生活ができるような情報を発信していきます。

シニアの生活~台所編~

この記事をシェアする

65歳の妻が、台所で料理をするのを見てとても大変さを感じるこの頃、まだまだ長く健康で料理ができるように方法を考えてみました。

 

 

f:id:sinia-yakudati:20190922093015j:plain

鍋を持つ妻

現在、料理をするのに大変なこと

65歳になった小柄な妻が、「重い鍋をガスコンロの五徳から動かすのも大変になった、五徳から下ろすの失敗し熱い鍋の中をかぶったら怖い!」と言うようになりました。また、「鍋が吹きこぼれると、ガスコンロの掃除が大変なの!」と言います。

 

原因は、ガスコンロを使った調理です。今後、歳をとるごとにこの心配は大きくなります。

  

台所の対策

そこで、このガスコンロをIHクッキングヒーターに交換することにしました。ガスコンロ、IHクッキングヒーターそれぞれメリット・デメリットありますが、今の妻の状況からするとIHクッキングヒーターの導入の方がメリットが大きいと思っています。

 

ガスコンロとIHクッキングヒーターの比較

購入先の電気店にガスコンロとIHクッキングヒーターのメリット・デメリットを聞いてみました。

 ①使い勝手は・・・

IHクッキングヒーターは、ガスコンロのように火を使わないので子供やお年寄りでも安心して使うことが出来る。ただし、専用のお鍋が必要です。

 

ガスコンロは、鍋全体を温めるので高温で調理するようなチャーハンなどグリル調理にはガスコンロが適している。

 

②掃除は・・・

鍋の吹きこぼれなどの場合、ガスコンロは五徳を取り外してから掃除しますが、IHクッキングヒーターの場合、鍋を置くところがフラットになっているので、汚れてもひと拭きで汚れを落とすことが出来ます。

 

また、IHクッキングヒーターの場合換気扇も汚れにくいそうです。ガスコンロは、炎による上昇気流が発生するため、水蒸気や油煙が換気扇まで届きやすい。IHクッキングヒーターは、換気扇に吸い込まれない水蒸気や油煙が多くなるため。

 

③導入費用は・・・

ガスコンロの導入費用は、75,000円程度に対してIHクッキングヒーターは、200,000円程度で格段にIHクッキングヒーターが高いです。

 

 ④私の評価・・・

ガスコンロ、IHクッキングヒーターそれぞれメリット・デメリットがあります。それぞれ使用目的や好みもありますのでそれぞれでご検討ください。

 

f:id:sinia-yakudati:20190922093253j:plain

我が家のIHクッキングヒーター

私の場合は、一番は火を使わないので火災の心配が少ないこと、次にガスコンロのように五徳がなくフラットなプレートになっているので鍋を上に持ち上げなくても移動できること、三つ目に五徳がなくフラットなプレートなので掃除がしやすいことでIHクッキングヒーターの導入に決定しました。

 

どうしても歳をとってくると重いものをもったり、細かい所の掃除など大変になります。そういった大変なことを少しでも少なくして生活するのが、今からの私たちの生き方だと思います。

 

最後に

営業ではありませんが、今回はシニア時代から、IHクッキングヒーターを使うことをおススメします。他にもちょっとしたことで楽になるアイテムがあると思いますので、気づき次第ご紹介します。